デザイナー養成

個人事業主フリーランスが導入したい!キャッシュレス決済サービス・ポイント還元事業まとめ|Squareで5%還元!

フリーランス・イラストレーターやデザイナーに朗報!Squareを使って、お客さまに5%還元が可能に!

2019年10月1日。消費税率が10%に引き上げられるのと同時に、キャッシュレスの普及を目指した[キャッシュレス・消費者還元事業]が行われます。

個人で活動されている方にも、この制度かなり重要なポイントです。

お客様から5%還元可能なカード決済を要望されることも増えるため、個人で活動しているフリーランスは死活問題になることも。

10月から始まる制度ではありますが、5%還元事業はこの後2020年の6月末まで2年間続きます。登録完了後から5%還元スタートとなるので早めの登録をしましょう。

では早速、キャッシュレス決済への登録と5%還元事業への登録方法をご説明していきます。

個人事業主・フリーランスが消費者還元事業に参加する手順はこちら!

  1. キャッシュレス決済事業者【Square】に登録
  2. キャッシュレス決済事業者【Square】を通して消費者還元事業に申し込む

【Square】登録に必要な情報はコチラ。

  • メールアドレス
  • 登録者情報
  • 事業内容
  • 入金先口座情報

もちろん、【Square】以外のサービスもあります。が、数々ある中からわたしは【Square】を選びました。

まずは【Square】に登録しましょう!

導入する際の手続きは僅か15分程!書類も不要ですぐに決済可能!

キャッシュレス・ポイント還元事業手続きの前に、まずはキャッシュレス決済事業者に登録をします。ここでは【Square】をおすすめしています。

手数料無料になるSquare登録はこちらから

消費者還元事業、参加申請手続きは【Square】任せ

登録後下記URLから必要事項を記入して参加申請するだけです。

Squareキャッシュレス・消費者還元事業の参加申請

16項目ですが、こちらも記入に15分もかかりません。

[キャッシュレス・消費者還元事業]審査通過したら通知が届きます。

現在申請が殺到している為、1ヵ月近くかかる場合もあるそうです。

審査が通過したらこれらがとどきます。

  • ポスターやステッカーなどの店頭用広報キット
  • 加盟店ID(事業者ID・事業所ID)

[キャッシュレス・消費者還元事業]のポイント

手数料が2.17%以下になる!

実際に決済を利用した際にのみ事業者に対し手数料がかかりますが、お客様には一切手数料はかかりません。

消費者還元事業の対象期間中【Square】では、通常3.25%の手数料が大幅ダウン!

決済毎に2.16%の手数料がかかります。

さらに、その2.16%の手数料がなんと無料になる裏技がコチラ。

下記リンクから【Square】アカウントの承認手続きを完了すると、カード決済額¥100,000分に対する手数料が180日間無料になります!

ぜひご利用ください。

手数料無料になるSquare登録はこちらから

決済端末(カードリーダー)が無料になる!

フリーマーケットや実店舗での販売、デザイン業やイラストレーター業で振込決済をしている方も、決済端末を使うことで消費者に5%還元可能になります。

消費者還元事業に申請する人は無料で新型Square Reader(税込 7,980円)が貰えるので、貰っておきましょう。

消費者5%還元でお客様がオトク!

消費者としては5%バックは嬉しいですよね。事業者としてもお客様の要望に応えられる環境作りに努めましょう。

デザイン・イラスト業では、10万円以上の決済も珍しくありません。結構な金額になりますね。

商品100,000円+消費税10,000円=110,000円(税込)の場合

5,500円分のポイント還元

個人事業主は誰でも5%還元登録事業者になれるの?

条件を満たして、キャッシュレス・消費者還元事業事務局の審査に通過することが条件です。

通るかどうかは審査次第ではありますが、登録申請するのは無料!

個人事業主が、加盟店登録申請するのに必要な書類

個人事業主の方は加盟店登録申請の際に、決済事業者から営業の実態を確認できる書面の提出が必ず求められます。

営業実態を証明する書類とは

下記のいずれかが必要です。

  • 開業届け
  • 確定申告書類(税務署の受付印付書類または(e-Tax)の申告書類と受信記録(写))
  • 納税証明書(税務署で発行して貰えます)
  • 業種に係わる許可証・免許証

[キャッシュレス・消費者還元事業]の対象となる決済方法

オンラインのみで仕事をしている方もご安心ください。

消費者還元事業は、Squareのカードリーダーを使った対面での決済だけでなく、Square請求書(自動継続課金含む)での決済が対象です。

自動課金含むとのことですので、サロン運営にも使えそうです。

わたしは、オンラインでの仕事が終了した時点でSquare請求書を発行→お客様にメールで送付しそのまま支払っていただいています。

[キャッシュレス・消費者還元事業]はいつからいつまで?

2019年10月1日以降も2020年4月末まで申請を受け付けしています。

5%還元を目当てに、クレジット決済が増える!

還元があるのと無いのでは、お客様サイドに大きな違いがあります。この事業を機にフリーランスデザイナーやイラストレーターもクレジット決済が進むはず。

そんな中、銀行振込しか対応できません!というのは、お客様にとってはデメリットになることも。個人であっても、銀行振込よりもクレジット決済を導入しましょう。

手数料無料になるSquare登録はこちらから

Squareキャッシュレス・消費者還元事業の参加申請