Canvaの使い方

Canvaでオリジナル名刺を作る!作り方とおしゃれに見えるデザインのコツ【ブロガー名刺・テンプレ】

名刺をオシャレに自作したい!お金をかけずに名刺を作りたい!

特別なソフトが無くても大丈夫ですよ〜〜〜!

今回は無料デザインツールCanvaを使った名刺の作り方とコツをお伝えします。自宅プリンターで印刷する場合、印刷業者に依頼する場合のデータの作成方法も!

デザインを勉強してみたい方にもおすすめの名刺制作!是非楽しみながら作ってみて下さいね。

名刺デザインのポイント・まとめ

読みやすく見やすい!これがデザインの基本です。

その人らしさをイメージできるデザインにする為に両面を使い写真やイラストでポイントを作りましょう。

  • 名刺は片面デザインではなく両面デザインにする
  • 片面のみ全面に写真や色を敷くとおしゃれになる
  • 文字間・字間を意識する
  • 文字を揃える
  • 文字サイズに気を付ける
  • イラストをワンポイントに使用する

今回ご紹介するデザイン名刺のデザインはコチラ!

じゃーん!今回はこの名刺をCanvaで作る方法をご紹介します。この名刺が自分で作れたら嬉しくないですか?

名刺制作所要時間30分、印刷業者さんで印刷可能なデータが作れる方法です。

まずは名刺用のイラストや写真等の素材を準備

今回の名刺は5種の素材を使っています。

  • ロゴ
  • ドーナツ
  • マグカップ
  • 背景のクラフト紙
  • 電話マークやメールマーク等のアイコン
こちらの素材は私が描いたオリジナルです。フリー素材としての使用は不可です。

ワンポイントでイラストを使うとオリジナリティのある仕上がりになります。

使いたいイラストを自分で描いたり、フリーイラストで素材を選びましょう。

今回使用した、おすすめ無料のフリー素材サイト

電話・メール等のアイコンはこちらのサイトの素材を使用

いつもお世話になっています。

イラストのフリー素材はPNGを選択してダウンロードします。

一体化されたデータがダウンロードされるので、アプリなどを使って必要な部分だけ切り取って使います。

イラストAC

クラフト紙の素材はこちらのサイトの素材を使用

写真AC

ブログやHP誘導の必須アイテムQRコード!

ブログ・Twitter等に誘導する際に、アドレスを記載する方も多いですが、QRコードはやっぱり便利です。誰でも無料で作れるので是非素材として準備しましょう!

QRのススメ

Canvaで名刺作成・新規デザインデータの準備

①デザインを制作の中の【カスタムサイズ】を選択します。

②名刺サイズを入力します

名刺サイズは 91mm×55mm です。

自宅でプリントする方も、印刷業者へ依頼予定の方もこのサイズで制作します。

③印刷用の塗り足し・余白を表示する

  1. メニューバーにある【ファイル】を選択
  2. 【余白を表示】を選択
  3. 【塗り足しを表示】を選択

余白が必要な理由

文字や写真が断裁の際に切れないようにするために余白を表示します。

印刷では断裁時にズレが必ず生じます。仕上がりサイズより3㎜ほど内側には文字等を置くことで、断裁時に文字切れが生じません。

塗り足しが必要な理由

全面に色を付けたい場合、写真や背景のクラフト紙などの素材を全面に使う場合には必ず【塗り足し】が必要です。

白の点線が仕上がりサイズ、それより外側は塗り足しです。

これは印刷したときに、塗りの無い白い部分が出てしまうことを防止します。

Canvaで名刺作成・デザイン開始!まずは表面

新規デザイン作成の準備が整ったらデザインに取りかかります。

①塗りと下地を作る

ベース全面に色を付けたい場合、今回のようにクラフト紙等の素材を全面に使う場合は、まず下地をアップロードします。

②素材を配置します

ロゴやイラストを配置します。

③文字を配置します

バランスを見ながら、文字を入れます。

こちらはショップカードで言う表面。

今回はロゴとイラスト、ブログのurlのみにしていますが、写真を全面に使っても!

写真を全面に敷くだけでイメージが変わりますね。

片面でも名刺の機能としては十分ですが両面を使ったデザインにすることで具体的なイメージを伝える事が可能になります。

名刺の裏面では、文字の並べ方・文字詰めが重要!

この文字は全てCanvaで入力しています。

情報の多い名刺の裏面では、文字をいかに読みやすくキレイに並べるか。が重要です。

ガイドラインを入れると一目瞭然。至る所が揃っています。

文字のポイント・並べ方

文字を配置する時には、2行になる場合でも行替えせずに一つ一つ別入力にします。

このとき、キレイに並べるのは少し面倒ですよね。

文字が2アクションで揃う!【配置】を活用しよう!

このような状態で文字を入力しても、2アクションでキレイに揃える事が可能です。

まずは左揃え

そして垂直に均等配置

すると…ジャーン!キレイに揃います!

名刺デザイン・文字組で重要なのは行間字間文字の詰め

名刺では、とにかく文字組が大切です。

文字組って何?善し悪しが分からないという方も多いと思います。

読みやすく違和感を感じない組み方をすることを心がけてください。

行間詰まりすぎ

よく見る悪いデザインでありがちなのがコレ!

行間が詰まりすぎてますよ〜!

字間が開きすぎ・詰まりすぎ

そして字間開きすぎ!な、これもよく見かけます。

字間をあえて開けるデザインもありますが、これは間違い無くおかしい!他と揃っていない…こういった事に気づくことがデザイン上達の一歩です。

Canvaで文字間・行間の調整する方法

メニューバーの【スペース】に、文字の間隔(字間)と行の高さ(行間)を調整可能なメモリがあります。

徐々に動かしてみながら、読みやすい、見やすい字間行間を探しましょう!

名刺デザイン!この文字間は有り?無し?

さて、ではこの字間はどう見えますか?

この場合はすこし字間を取ることで、余裕のあるデザインになります。

こういった少しの違いで、見え方が変わるというのを意識して作ってみてください。

名刺デザインのコツ③文字サイズ公開!

個人で作った名刺でなんとなくデザインが上手くいかない…そんな時ありがちなのが、全部の文字大きすぎ!問題です。

今回作った名刺の文字サイズをご紹介しますので参考にしてくださいね。

基本は7〜8pt、印刷向きなフォント最小サイズは5ptです。

完成したデータを印刷業者に入稿するには?

ダウンロードの形式はPDF!

完成したデータはメニューバーの【ダウンロード】から【PDF(印刷)】でダウンロードします。

現在ほとんどのオンライン印刷サービスではPDF入稿という仕組みがあります。

ダウンロードしたデータをそのまま入稿すれば印刷可能です。

色・仕上がりが心配…テスト印刷はコンビニで

ダウンロードしたPDFはほぼ仕上がりに近いデータです。

しかし、自宅のプリンターでは色味や細部が上手く印刷出来ない可能性も。予めコンビニのカラーレーザープリンタでテスト印刷すると安心です。

印刷の目安は1週間程度

価格を抑える場合には1週間程度必要です。

ダウンロードしたデータをそのまま入稿すれば印刷可能

注文する際に必ず聞かれるのが、制作ソフト等の環境です。そこにCanvaは出て来ませんが、基本PDFなら入稿可能と考えてOKです。

オンライン印刷サービスはどこを選べば良い?トラブルは??

安価な印刷業者ではなんと、電話が繋がらないということも多々あります…さらにメール対応も遅れがちな場合も多いです。

電話が繋がる業者さん、丁寧な対応、レスポンスが早い業者さんを選ぶのがおすすめ。

印刷業者さんは年末・年度末・大型連休・お盆等の半月〜1月程手前が混み合っています。はじめての発注の場合、混み合う時期は避ける方が無難です。

わたしが良く利用しなおかつ安心しておすすめできる印刷業者さんはこちら

グラフィック

自分で作ってもオシャレな名刺にならない!!

そんな悩みをお持ちの方に、おすすめのサービスがこちらの【whoo】

なんといってもテンプレートがオシャレ!

長年デザインをしてきたデザイナーが驚いた!全米が泣いた!おしゃれなデザイン。

さらに、価格は3,000円代から!

低ロット低価格でかなりおしゃれな名刺が仕上がります。

加工や紙が豊富!こだわりやあこがれが簡単に実現

あこがれの箔押しやクラフト紙印刷、ネオンカラー等魅力的な印刷・加工も豊富です。

中でもおすすめなのが、50枚で50通りの写真を使った名刺が作れるサービス!カメラマンやイラストレーターには嬉しい!ポイントです。

Canvaのデータも使える?

PDF入稿にも対応しています!

【whoo】はこんな方におすすめです。

  • 紙質にこだわりたい方
  • 変形サイズに興味のある方
  • もっとオシャレなデザインにしたい方
  • 少ない枚数で良い方
  • 箔押しや角丸加工に興味がある方
  • カメラマンやイラストレーター

カスタムデザイン名刺【whoo】はこちらから

こちらの記事も人気です